SSブログ

ロードーカ [世間]

フジサンケイビジネスアイのみそにバッハ/納豆はモーツァルト、弾む発酵?名曲シャワーと云う記事を読んだ。

またモーツァルトか、と云うか、今度はバッハか、と云うか。
朝8時になると、バッハの「マタイ受難曲」「管弦楽組曲第1番」が響き渡り、みそを寝かせた築160年の土蔵は一気に“コンサートホール”に生まれ変わる。佐藤知彰社長(45)が、酒蔵でクラシックを流す日本酒メーカーをヒントに、好きだったバロック音楽がみそにも効果があるのではと、すべてのみそに対し昨年春から始めた。
好きだったバロック音楽がみそにも効果があるのではって、結局は社長さんの好き嫌いって話なのかい。正直でよろしい、と云うか、そんなんが根拠でいいんだったらプラズマティックスだろうがアインシュテュルツェンデ・ノイバウテンだろうが構わないんじゃないかと云うか、でもなんかマタイ受難曲は違わないか。いや嫌いじゃないですが(うちにはガーディナーとイングリッシュ・バロック・ソロイスツの抜粋盤しかないので全編聴いたことがあるわけじゃないですけど、て云うか一生に絶対3回も聴かないような完全盤なんて欲しくないですけど)、なんか麹に苦行を強いているような。いや発酵は麹にとって大変な仕事で、麹にとっても使命感や信仰心が必要な種類の労働なのかも知れないですが。
塩分や湿度に強いプール用スピーカー7台をみそ蔵の天井に設置し、タンクに向けて1日9時間、半年にわたり曲を流し続けた。その結果、醸造期間を約1割短縮できたという。佐藤社長は「酵母の動きが活発になるからだろう」と分析し、「みその色つやが良いうちに出荷できる」と胸を張る。
よくわからないけど醸造期間を約1割短縮できたってのはいいことなのかな。いや商売をする側からするといいことなのは間違いないけど。これって麹が敬虔な気持ちになって勤勉に働いた、って理解がされているんだろうか。でも管弦楽組曲は世俗曲だしな(こっちはまともに聴いたことがない)。
佐藤雅寛社長(59)はモーツァルト音楽に多く含まれる高周波音に人間への癒やし効果があると聞き「納豆菌も癒やされるに違いない」と確信した。「まず珍しいと興味を持ち、実際に食べておいしいと感じてもらえるように」と県産大豆や水など素材へのこだわりも忘れない。
なんか前段の確信したってあたりロジックがジャンプしていて、こっちで触れたような「納得力」を要求するような展開になってるんだけど、それ以前に納豆菌が癒されるのはいいことなのかどうかさっぱりわからない。さっきの麹と逆で、リラックスしすぎて仕事をしなかったりすることはないのか。

いやまぁでも、そう云う付加価値のつけ方が結果的に品質にも関わってくることはあるよなぁ、品質的に変わらなくてもおいしく感じることはあるよなぁ、みたいに思うのはこっちで書いたとおりではあって。でもなんかそう云うのを麹とか納豆菌とかの「気持ち」に集約させて理解するのはどんなもんかな。もやしもんでもそう云うことはしないと思うぞ。
東京農大の東和男講師(醸造科学科)は「科学的実証はまだなされていない」としながらも「納豆菌や酵母といった微生物に音による空気の振動を感知する機能が備わっているのかもしれない」と話している
これ、まず東和男氏がほんとにそんな言い回しをしているのかから疑ってかかるべきなんだろう。そもそも備わっているからなんなんだ、とか思うけど(この辺言外の意味をにおわせる書き方がいやらしいと云うか)。

それはそれとして、この種の話を扱うときになんとなく自分で歯切れが悪いなぁ、みたいに思っていたのだけれど、漠然とその理由に思い当たった。このエントリの末尾に書いたこととも関係してくる気がするけど、やっぱり音楽というものをある種のコマンドのようにみなす発想の不気味さや味気なさはもちろんとして、そのコマンドを発することで細菌であろうと人間であろうとより効率よく働かせようとする「経営側の発想」が透けて見える部分にも、どうもぼくは気持ちの悪さを感じているみたいだ。
nice!(0)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 17

田部勝也

>タンクに向けて1日9時間、半年にわたり曲を流し続けた。その結果、醸造期間を約1割短縮できたという。

『ギリギリ科学少女ふぉるしぃ』(↓)
http://www.sham.jp/studio/product/06falsie/index.shtml
の、「2日で合計30時間 MOSAIC.WAVを聴かせ続けたら 苦痛を訴え始めたのでAKIBA-POPは有害です」を思い出しました(笑)。AKIBA-POPも1日9時間だったら健康に良いのかも知れません。『ギリギリ科学少女ふぉるしぃ』によると、「お気に入りのキャラのカップで飲んだら水がおいしかったので 水にも萌えが分かります」との事ですし。

>poohさん「そのコマンドを発することで細菌であろうと人間であろうとより効率よく働かせようとする「経営側の発想」が透けて見える部分にも、どうもぼくは気持ちの悪さを感じているみたいだ」

まったく同感です。私がこれらの言説に怒りを感じるのは、まさにその点へのひっかかりです。この視点はもっと明示的に強調されるべきだと、私個人は考えています。斎藤貴男まで行くとさすがに行き過ぎだと思いますけど、船井一派や稲森一派やTOSSなどと、いわゆる「ニセ科学」との親和性の高さがとても気になっています。

ところで、その件で引用されている過去エントリ内のコメントですけど……、

>私のメモは、その時、思ったことを記したもので、全てが真実と言っている訳ではありませんので、突っ込み・批評は歓迎します。

これは、いわゆる「ニセ科学批判」をされた側のあまりにありふれて聞き飽きた、もはや呆れ果てて嘆息するしかない紋切り型常套句ですけど、「あなたが“真実と言っている”事を非難しているわけでなくて、あなたが“その時、思ったこと”がいかに人として恥ずべき事であり、その“その時、思ったこと”をそのまま公言する事がいかに社会に悪影響を与えるかを指摘しているんです」という事が伝わらない(ないし、それを正直に言ってしまうと、また「人格否定」とか「上から目線」とか議論のレイヤーをすり替えられてしまうんで、「対話」や「説得」の「戦略」として言えない)というのは、とてももどかしく歯がゆい気持ちが、私にはあります。
by 田部勝也 (2008-07-08 01:58) 

pooh

> 田部勝也さん

> AKIBA-POPも1日9時間だったら健康に良いのかも知れません。

なにごともほどほどが大事、と云うことですね(違

> 私がこれらの言説に怒りを感じるのは、まさにその点へのひっかかりです。

このあたり、きっちり論じる準備はできていないんですけどね。
ただ(あまり言及しませんが)ネットで見かける「人体の70%は水」言説の多くが、経営者から従業員への訓示だったりする点について、なんだかなぁ、とか思ったりは以前からしてます。あとは五日市某のパンフレットとか。

> もはや呆れ果てて嘆息するしかない紋切り型常套句

「ひととして恥ずべき」かどうかまでは措くとして、「真実だと思っていない」ことを書くときにはそのことが読み手にわかるようにしておくべきだよなぁ、とか思います。なんと云うか、そうしないとあなたの語ることは一定割合を割り引いて読むべきものだって思われちゃうよ、それでいいの、みたいな部分で。
by pooh (2008-07-08 07:55) 

山形ミクラス

はじめまして。
佐藤雅寛社長は姻戚に当たりまして、「美味しいでしょう?」と問われた際の対応に苦慮しております。
by 山形ミクラス (2008-07-08 22:07) 

pooh

> 山形ミクラスさん

いらっしゃいませ。

いや、書いた通りおいしくてもおかしくないとは思うんですよ(なんかへんな云い方ですけど)。だから、おいしければおいしい、とおっしゃっていただいて問題はないかと。ついでに「納豆菌は癒さないほうが働くんじゃないかな」くらいの疑問を提示されるくらいでいいのでは。

こちらの社長さんのほうは、ちょっと怜悧な商売っけが働いているような気もします。まずなんでもいいから食べてもらって、それで味で勝負、みたいな。なんか男前豆腐店みたいな戦略ですけどね。
by pooh (2008-07-08 23:00) 

katsuya

大音響を響かせると振動による撹拌効果で発酵とかが、それがないよりは促進されるというのはありそうですし、醸造タンクやなんかの共鳴周波数なんかもあるでしょうから、ひょっとするとバッハとへヴィー・メタルで差が出る可能性もありますね。でもそれを自分好みの世界観で都合よく解釈しようとするところが何とも気持ち悪いですね。
by katsuya (2008-07-08 23:16) 

pooh

> katsuyaさん

なんか冗談めかして書いてますが(そうとしか書けない)、実際は人間の文化をひどく馬鹿にした話だと感じています。
by pooh (2008-07-08 23:25) 

Jem

だいたい。クラシック聞かせたり肥料にEM使ったりしているところは、大体において研究熱心で商売熱心なので、不味いものは作らんのです。
という訳で、私は「音楽系」や「EM系」は美味いもんを見つける尺度のひとつとしとります。(違いがそうわからん時も多いですけどね。)


by Jem (2008-07-09 07:01) 

pooh

> Jemさん

>クラシック聞かせたり肥料にEM使ったりしているところは、大体において研究熱心で商売熱心なので、不味いものは作らんのです。

まぁ、この筋はあるんだと思うんですよ。
ただ、ですね。ここでブランディングみたいなものの作用とかメカニズムとか考えると、一概にそうとも云い切れない部分もあるよなぁ、とは思うんですね。だいたい消費する側の味覚ってのもほとんどあてにならないわけだし。

わかってやってるんならいいんです。山形ミクラスさんのご姻戚の納豆屋さんも、「まず1回食べさせてみてから勝負」みたいなところもあるのかな、なんて思ったりします。でもその勝負どころはモーツァルトじゃなくて(ほんとにモーツァルトだとおそらくゆくゆく造る方が辛くなる)。そこにはじつは鍍金的な矛盾があるので、そこをあいまいにしたり消費者に向けて装ったりしてると、ちょっと商売として危険かも、みたいに感じます。
by pooh (2008-07-09 07:45) 

Light

こんにちは、おじゃまします。
納豆もみそもお酒も好きな主婦がやってまいりました(笑)

まず単純に、「お高い」のにビックリしてしまいました。
いくらクラシック好きの私でも、生活必需品に毎日これだけお金をかけることはないですね・・・
(かといって、よーしハレの日に奮発して・・・というタイプのものでもないですしねぇ^^;納豆とみそなんて・・・)

でもこれがお酒なら興味を引かれるんです。嗜好品はまた別なのかもしれませんね。
モーツァルトを聴きながら育ったお酒を、モーツァルトを聴きながら飲むというのは、なかなかに至福のひとときかも・・・なんて思います。
(でも、これで商売っ気を出して、バッハだベートーベンだストラビンスキーだ?!などとやられると、さすがに食傷するでしょうけど・・・)

話の流れを全く読んでいなくてスミマセン。
by Light (2008-07-09 12:32) 

pooh

> Lightさん

いや、付加価値をつけて差別化するのは基本と云うかふつうのことで。そこで狙うのが販売量の拡大か価格へのプレミアム上乗せか、ってとこですが、納豆みたいに消費量に大きな変動がなさそうなものはプレミアムを狙うのが妥当な辺りでしょう。

で、世の中にはお金持ちがいるので、その付加価値にもちゃんとお金を払う、と。モーツァルト云々になにかしらハイソサエティなものを感じるような俗物相手にはけっこう適切な狙いかたかも知れません。端的に云ってロハス・マーケティングとよく似た手法ですね。
もっとも基本は関西人のぼくには納豆の相場は分からないのですが。

お酒の場合はおっしゃるとおり嗜好品で、だからそう云う付加価値の持つ意味合いは相対的に大きくて当たり前じゃないですかね。ぼくは年季の入った呑んべなのでストーリィに影響されづらいほうだと自分では思っていますが、でもやっぱりあてにならないかも。

モーツァルトと云えば、チョコレートリキュールの銘柄でしたね。
by pooh (2008-07-09 22:26) 

Light

なるほど。「ターゲット」を分かっている、商売上手な方がいるということなのでしょうね。

納豆は、大体グラム1円くらいが相場だと思います。
なのでほぼ倍ですね。
これを高いとみるか安いと見るか・・・・・う~ん、これくらいなら話の種に食べてみたい気もしてきました(まんまと乗せられている?!^^;)

「モーツァルトのお酒」私が聞いたのは日本酒でしたが、チョコレートリキュールもあるのですね。こちらも飲んでみたいです。
何だか食い気満々のコメントでスミマセン。おじゃましましたm(_ _)m
by Light (2008-07-10 17:19) 

pooh

> Lightさん

いやまぁ、うちのつれあいみたいにネタにするためだけに波動水キュウリを買ってくるような人間もいるわけですし。
ほんとうにおいしいかもしれませんよ。こだわってつくってるんでしょうし。

リキュールのモーツァルトは単にザルツブルク産ってだけみたいですよ。なにか聴かせてるわけでもないようです。
http://www.mozartchocolate.net/
by pooh (2008-07-10 22:27) 

TAKA

作ってみました。『納得バッハ』参考:コーヒールンバ
昔の波動の偉い お坊さんが 味噌を忘れた あわれな私に
しびれるような受難いっぱいの モーツァルトなニセ科学を 教えてあげました
やがて酵母浮き浮き とっても不思議このムード たちまち私は 好きなバッハに味噌を入れてみた
マタイ オルガン 楽しいバッハのリズム 東の国の情熱の波動
それは素敵なニセ科学 マヒまた至り みんな陽気に聴いて踊ろう 愛の納得バッハ!

~~~~~~~
poohさん
>世の中にはお金持ちがいるので、その付加価値にもちゃんとお金を払う、と

実況「まさに、妖怪のカワウソが恐山に向かう途中、ゲットした一匹の川魚状態だ」
実況「一億円の価値が有るぞ」
解説「恐山に住んでいる、妖怪医者のオソレが認定しました」
実況「天然物の鮎であります」

~~~~~~~
>リキュール。酒。音楽。

こんな感じですね(^^。『スコッチウオッカ』(参考・アルプス一万尺の歌)
「スコッチウオッカ 墓標に捧げて コサック踊りを さあ踊りましょう♪」
「波動で出来た スコッチウオッカ ついでに味噌も 出来ました♪」

…。何事も、やればデキュール!(苦しい)
by TAKA (2008-07-11 06:44) 

pooh

> TAKAさん

ウォッカは麦だの芋だのサトウキビだのいろんなものでつくりますけど(なんか焼酎の話とおんなじですが)、さすがに豆からつくる話は聞いたことがないのでついでに味噌ができることはないと思います。
(ほんとうかな? ぼくが知らないだけかも)
by pooh (2008-07-11 07:42) 

pooh

あ、間違えた。サトウキビからつくったらラムだ。サトウダイコンって書きたかったんだった。
by pooh (2008-07-11 09:41) 

ちがやまる

アルコールのもとになってるのはみんなデンプン質ですよね。豆は双葉(麦でいえば胚芽のとこ)に次世代のためのエネルギーを主にリン脂質の形でたくわえてるんだそうです。アルコールにするためには脂肪酸にして分解して、、、と豆以外のものにとってはかなり困難な道を歩まなければなりません。バイオエタノールとしても、、、やってやれないことはないでしょうけれども、相当うまい技術を開発する必要があるんじゃないでしょうか。

それより、パンとワインといったら最後の晩餐で重要な役割をするんでしたよね。Das ist mein Blut! なんていうのを聞かせた悲痛なワインを飲む人なんているんでしょうか。
by ちがやまる (2008-07-11 10:00) 

pooh

> ちがやまるさん

でんぷんと云うか、糖質ですよね。テキーラなんかはでんぷんじゃないだろうし。
以前読んだ小泉“醸児”武夫のエッセイには木だのきのこだのをかもしてつくる酒が載っていて、なんと云うかひとは意固地になって酒をつくるのだなぁ、とか思ったもんですが。

> Das ist mein Blut! なんていうのを聞かせた悲痛なワイン

いや、敬虔な気持になっていいのかも知れませんよ。ただ酔えるかどうか怪しいし、それって聖餐式にしか使えないんじゃないの? とか思わないでもないです。
by pooh (2008-07-11 22:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

関連記事ほか

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます