So-net無料ブログ作成

論点 [世間]

週末にquantaさんの[科学]ニセ科学、疑似科学論議よりも具体的な批判をと云うエントリを読んでいたのだけれど、こちらの読解力の問題もあってかどうにも難しくてちょっと言及を控えていた(あいだにTAKESANさんが整理と云うエントリで取り上げられている)。ちゃんと内容を理解できているのかどうか自信がないのだけれど、どうもぼくのような人間のことも云われているような気がするので、言及を試みる。

この方は、「ニセ科学」と云う用語を用いることに対する警告を発していらっしゃる。

各々の記事で挙げられている例はかなり性質の異なったものだと思う。しかし同じニセ科学というカテゴリーのもとで取上げられ議論されており、それぞれの記事でも他の具体例はいっさい挙げられていない。私はこの種の論議は個々の具体例で具体的にどこに問題があるかを指摘するより他はないので、「ニセ科学」といったカテゴリーで一括して批判するのは粗雑な議論になりがちだと思う。

例えばここを含む、人文系のアプローチに基づくニセ科学批判を行っているブログは、「ニセ科学」の用語を菊池誠教授の定義「見かけは科学のようでも、実は科学ではないもの」にまず準拠している。そう云うわけでこの用語についての議論はまず「では科学かどうかを判別する基準はどこか」と云うことになる。

ここについてもあちこちで議論されていて、まぁ暫定的なfaqが整備されていたりはしないものの、議論におけるおおむねの合意はある。ざっくりと「既知の科学と相容れないもの」「従来の科学の方法にのっとっていないもの」なんて云うところが基準となる。

で、ぼく(たち人文系)は、ニセ科学が蔓延する社会的背景とそれを支える心性についてあれこれ考えてきた。で、なんとなく2つのパターンに分類できるように今は思っている。

1)呪術
「水からの伝言」や各種の「波動」は、共感呪術の原理にのっとったパターン。言語的な錯誤を含めた「類似の呪術」と「接触の呪術」を、科学的なジャーゴンを使って説明するもの。ホメオパシーもそうか。
で、この種のニセ科学の信奉者は「それってニセ科学だよ」と指摘すると、「科学万能主義の世の中っておかしいと思うの」とか言い出す。誰も科学万能主義なんか信奉してないっちゅーのに。
2)魔法
納豆とかの一連の捏造関連にはこう云う共感呪術的な原理じゃなくて、代わりにそこにあるのは「現世利益」を提供する、まぁ魔法。えっと、クラークの「高度に発達した科学は魔法と区別がつかない」をひっくり返して、「魔法に見えるだろうが高度に発達した科学なのだ(だから信用しろ)」って感じですな。えぇと、これを裏返すと「ゲーム脳」タイプが生じるのかな。基本「信じたいもの」に「理解できないけどオーソライズされているような権威」を与えてあげる手法。
で、このパターンだと「それニセ科学」って云うと怒り出す。「騙された!」って。

もちろんこのパターンのいずれかに分類できるわけではなくて、両方を含むものもある(上記で挙げたものも含め)。どちらをどれだけ含むかでいろいろとニュアンスが違っては来るけれど、その説得力の源泉が「科学的なるものへの信頼(および科学の文脈に乗らないものに対する軽侮、または過剰な重視)」にあることには違いがない。

とまぁ、この辺りがいま「ニセ科学」として批判されているものの基本線。ぼくのような在野の人間を含む人文系も、菊池教授や田崎教授のようなばりばりの物理学者も、ちょっと中間に位置するような立場の左巻教授や小波教授(これって失礼な云い方じゃないつもり)も変わらない。

で、上記の1および2のパターンを「科学」に含めない限り、科学を(通常に使われる言葉としての用法をはみ出さない限りにおいては)どのように定義しても「ニセ科学批判」は成立するわけで。

「科学」という一つの言葉は様々なシチュエーションで、様々に異なった範疇のなかで様々な意味を持たされて使われている。

でもあまり、呪術や魔法を科学とは云わないと思う。と云うか、そこまでを含みうると云ってしまうと、なんと云うかもう言語を使った対話そのものが難しくなる。

今は、科学的であるか科学的でないかという議論も必要かもしれないが、それよりも技術として有効かどうかが重要であり、さらにそれがどこまで真実に迫っているか、多面的に判断するより他はないと思っている。

そりゃまぁ科学がすべてではないし。でもこんなふうに口にした瞬間に、科学としての価値判断からは逸脱するわけで。それに、「精神分析は科学ではない」と云う批判は実際に存在しているとは思うけれど。

要するに完全な科学とか非科学といったものはないという言い方もできる。科学と非科学との間には科学性と非科学性とを様々な度合いで含んだゾーンがあるといった表現も出来るかもしれない。

そりゃまぁできるだろうけど。でも、そんなことはみんな承知の上で議論しているのだけど。

ただこのような表現は図式的であり、固定化して使われると問題がある。「ニセ科学」とか「疑似科学」といった、明確に定義された概念があると思わせるような言葉はそれ以上に問題が大きい。

いちおう、上記の定義は議論の場では共有されているわけで。「オレ定義」は存じ上げませんが。

大切なのは捏造といった倫理的な問題がないかどうか、どれだけ真理、真実といった近づきがたいものに迫っているかということで、科学かニセ科学かという問題ではない。もちろん、より科学的であることによって、より真実に迫っているのであればそれは結構なことである。

あなたの問題意識のありかは分かりました。でも、すべてのひとがそれだけの問題だと考えているわけではないのです。


nice!(0)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 17

TAKESAN

今晩は。

私、quantaさんのエントリーの趣旨が、ちょっと掴めなかったです。批判対象が判然としない、というか。
と言うより、「仰る事には、ご尤もな部分があるけれども、それは心得ているつもりです」、という感じかもです。勿論、レッテルを貼って云々という懸念は、解るのですが。結構以前に、きくちさんの文章を、コメントで紹介したんですけどね…。

精神分析については、批判は沢山ありますよね。ポパーであったり、行動主義であったり。最近では、偽記憶の論争とかも。

これは推測で、私の所にも書いたのですが、quantaさんは、ニセ科学の「科学」の部分を、「現代広く認められている科学の方法」という意味も含んだ概念とは、取っておられないのかも知れません。

---------------

余談ですが。
現在、ココログフリー、24時間メンテ中です(今日の15:00予定。遅れると思いますが)。訪問者の方に解り易い所に、現在行われているメンテナンスのスケジュールを、明記して欲しいですね…。
by TAKESAN (2007-03-28 01:12) 

pooh

> TAKESANさん

すいません。いちおうちゃんと仁義を切ろうとしたんですが、メンテのせいでコメントできず・トラックバック届かず、でした。

こちらのエントリではいろいろ書きましたけど、正直意図がよく見えない部分があって。なんかこちらの行動がそれなりの議論を踏まえたものだ、と云うことがあんまり認識されていない部分もあるのかな、とも思います。
by pooh (2007-03-28 06:33) 

newKamer

 私もいまいち何が言いたいのかわからないのですが(笑)、ひとまずquantaさんが本当に「科学」を理解しているのか疑問に思いました。
 科学技術と科学を曖昧に区別しているんじゃないかなぁとも。
by newKamer (2007-03-28 10:33) 

pooh

> newKamerさん

どうなんでしょうね。引き続きエントリはあげていらっしゃるし、もう少しすればもっと主張のポイントがぼくらにも分かるような方向に議論を進めていただけるかも。
by pooh (2007-03-28 22:28) 

柘植

こんにちは、皆さん。なんとなく読んでいて無性に「腹がったってきた」ので、直接コメントを書こうかとも思ったのですが、まあ、ここに書いてみましょう。

科学にグレーゾーンがあるから、グレーゾーンも含めて「ニセ科学」と呼ぶことで「科学の発達が阻害される」なんて考え方は、現実の科学者や技術者に対する「侮辱」であるという論点です。

なぜなら、現実にグレーゾーンに切り込む研究者というのは、最初から自分の見つけ出したものを発表する時には「嘘だろ」と疑われる事を前提として切り込んでいるものだからです。そんなのは、当然でして、私みたいに新規な分析方法の端っこの方を開発している技術者でも、それまで「できなかった」ことを「できる」と提唱する訳だから、「疑われて当然」としか思っていない訳です。そのために「こういう間違いの可能性もあるな、こういう実験で確認しておこう」といろんな間違いの可能性を摘む実験を行い、その上で「これ以上はできませんが、ここまでは間違いなくできます」と言える様にしてから提唱する訳です。

科学者や技術者のスキルというのは、或る意味でこの「疑われて当然」を前提として、その前提の中で「見つけました」「できるようになりました」を最初は同じくらいのスキルを持った者に納得してもらい。そうやって納得したものを増やして(学会で認められるといったことです)、やがて社会にも出していくスキルであるわけです。そういう意味では「怪しげなものはニセ科学」は大歓迎なんです。それを打ち破るだけの根拠が出せない研究者などスキルがないだけだから、そんな奴に研究資源を渡すくらいなら、打ち破るスキルのある研究者に資源を集めた方が意味がある訳です。

つまり、「グレーゾーンにニセ科学というレッテルを貼るな」というのは、あたかも科学を守ろうとしているかの様に見えて、スキルのある科学者や技術者に研究資源が渉のを阻害して、スキルを問わずに広く研究資源をばらまいて科学の発展を阻害しようとい言っているのと同じだということです。
by 柘植 (2007-03-29 10:34) 

pooh

> 柘植さん

世の中に明白な白と黒しかなければ、誰もものを考えなくてもいいんですよね。同様に、すべてはグレーゾーンだからと云って等価に見なしてしまうと、これまたものを考える余地がなくなってしまう。

グレーのなかで白だと思われるものを見いだして、「白と見なしてもいい理由」を証明し、また実生活に役立たせることができる水準まで精度を上げていくのが、科学者に留まらず人間の営為であって。

白か黒かの答えを早急に求める二分法も、すべてはしょせんグレーだとしてそこに留まる考え方も、どっちも口を開けて餌を待っている雛鳥と同じですよね。開いた口に何を突っ込まれても文句が云えた筋合じゃなくなる。
by pooh (2007-03-29 22:20) 

きくち

魔法と呪術というのはよいね
僕がよく持ち出すクラークの第三法則は科学と魔法を対比している。カール・せーガンは科学と悪霊。
 
グレーゾーンはある・グレーゾーンがあってもだめなものはだめ、の二点は僕や田崎さんもずっと言い続けているし、伊勢田さんのベイズ主義も乱暴に言えばそういうことなので、今の「ニセ科学批判」の文脈では共通認識になっていると思うんだよね。
その意味では、「ニセ科学批判」側もかつてのように「反証可能性」とか「オッカムの剃刀」とかだけで話を済まさなくなっていて、その分、思想的には強くなっていると思うのですよ
 
なんというか、「"程度問題"というのは些末なことではなく、本質的に重要なこと」なんだと思う
by きくち (2007-04-02 17:40) 

pooh

> きくちさん

この分類って機能から見た便宜的なもので、実際はもっと精度の高い考証が必要なんだけど、それをやるのにはまだぼくの「文系力」が足りなくて。琴子さんの示唆なんかを援用しながらなんとかここまで、って感じですけど。でもおおむねニセ科学にひっかかる側の心性としては、この2種類に分類できるかと。

この部分については人文科学的なアプローチが多分必要。で、その現象の背景と顕現の仕方については社会科学の仕事なんだろうな。

逆説的な言い方になるけど、科学万能でない以上「程度問題」は多分本質なんだよね。「グレイゾーンをすべて等価とみなす」発想は、実際のところどこにも行き着かないはず。議論のための議論、批判のための批判をしたいひと(最近よく見受けられます)にとってはとても便利なんだろうけど。
by pooh (2007-04-02 18:17) 

きくち

グレーゾーンをすべて等価とみなすのは、僕らが「極端な相対主義」として最初から否定しているものだからね。そんなものは、誰もどこへも連れて行ってくれないよ。
 
批判批判の人の多くは「脳内科学者」を批判しているだけです。僕らは、「ステロタイプな科学者像」の議論まで既にしているので、そういうところを読んでくれればいいのにね
by きくち (2007-04-02 19:10) 

TAKESAN

今晩は。

仮想敵を批判する人は、「攻撃」する事自体が、モチベーションになっている気もします。
自ら設定した(ステレオタイプを基に)仮想敵が、実情とは異なっている、という可能性に、思いを馳せる事が無い、というか。それに気付けば、攻撃のしようがありませんし。

quartaさんの新しいエントリーを読んで、ちょっと頭を抱えました。
「常識と直感による大雑把な言い方」(「直感と論理、宗教と教育。」より引用)というのは流石に…。
by TAKESAN (2007-04-02 19:25) 

pooh

> きくちさん

なんて云うかな、なんか「どこにも行きたくないひと」がいるようで。そんなに自分のいまいる「批判批判」的な居場所が居心地いいのかな。

ちなみに某氏をはじめとして、最近はぼくみたいなスタンスの人間への批判が旺盛ですが。
by pooh (2007-04-02 19:31) 

pooh

> TAKESANさん

なんか「批判批判」にも「知らないが勝ち」的な心理が存在しているような。そう云う心理に基づいた批判は最初からあまり効果がないですよね。

別のエントリでの柘植さんへのお返事に書いたことにも似ていますが、「常識と直感」も精度を上げることができるわけで、それらに準拠した物言いが必ずしも大雑把、と云うわけではないんですよね。と云うか、大半のものごとをちゃんと「常識と直感」で処理できないようでは、コストがかかって仕方がないわけです(朝起きてから夜寝るまでに、どれだけのことを検証しなきゃいけなくなるんだか)。結局、日常的に使用できる合理的な「常識と直感」をもつことが求められていると思うし、その部分が問題の焦点のひとつだと思っています。
by pooh (2007-04-02 19:40) 

pooh

> TAKESANさん

すいません、言葉を足します。自分で読んでも分かり辛い(^^;。

多分quartaさんは「常識と直感」と云う言葉を、「根拠が曖昧で信じるに足りないもの」と云う意味で使っているんだと思います。でもこれは、「否定するなら実験で反証しろ」と云う態度に直結しがちな発想です。

柘植さんがおっしゃっていることと重なりますが(重なると思いますが)、常識と云うのは本来合理的で、有用で、それに基づいて生活を成立させることが出来るくらいには強固なもののはずなんですよ。そして「常識に基づいて行動すること」は、多くの場合「科学的にふるまうこと」とほぼ相反しないはずなんです。最先端の科学知識に基づいた行動だけを科学的態度と呼ぶわけではないし、常識そのものも常時デバッグの機会があるものですから。
by pooh (2007-04-02 23:10) 

No.4560

こんばんは。
風邪がほぼ治っちゃったので、明日以降はおとなしくなります。(簡潔に書く能力が欠如した男です。)

某氏がリンクしてくださっているのでここに書きます。みんながおなじことを何度も書いているような気もしますが。

quartaさんの最新エントリの前半部分についてですが、なぜ「大雑把」で「論理的でない」言い方(実際にどうかは置いておく)をしているかいうと、きちんと書くと、読んでほしい人が読んでくれないからですよね。

平林純さんが『「水からの伝言」と「できる人のジレンマ」』で書いているように、
http://blog-tech.rikunabi-next.yahoo.co.jp/blog/hirabayashi/145
懇切丁寧かつ論理的に書いてそれで終わりなら、そもそもこんな問題なんて発生してないです。

現在は水伝授業関連で相手側にコメントやメールをする場合、『「水からの伝言」を信じないでください』へのリンクを必ず入れるようにしています。
でも、返信を読むかぎりでは、誰も読んでくれていないんですね。

なんか一時期迷惑をかけていたような気もしますが、A-WINGさんのところの「分かりやすい実例」の方がよっぽど理解してもらいやすかったりします。
でも、これって当座の対処でしかないよなぁ(2年前には知ってたのに、実際に使い始めたのは今年の2月頃から?)、と悩みながら使ったり使わなかったりしていました。
最近はそもそも調べてないので、特に動いていませんが。

poohさんのようなスタンスに対して批判的な人は、実際に自分の思うスタンスで動いてみてよ、苦労が分かるから。という感じですね。


…書いている間にpoohさんのコメントが追加されてますが、そのままで。
by No.4560 (2007-04-02 23:55) 

pooh

> No.4560さん

> 懇切丁寧かつ論理的に書いてそれで終わりなら、そもそもこんな問題なんて発生してないです。

そうなんですよね、多分。
「科学だけの問題じゃない」と云う部分と併せて、「科学者側からの科学のメソッドに準拠した批判だけでは充分に伝わらない可能性がある」と云うことでもあるんだろう、と思います。

> poohさんのようなスタンスに対して批判的な人は、実際に自分の思うスタンスで動いてみてよ、苦労が分かるから。という感じですね。

ひとつ、自分で心がけているのは、「権威に依拠しないで論述する」ことです。自分以外のひとの意見を援用するときは、必ず引用して、自分の引用部分への評価(と云うか消化具合)を書き添えて、みたいな。
少なくともその点で「(poohにも分かるのだから)誰にでも分かるはず」と云うことを担保しようとしています。
by pooh (2007-04-03 00:12) 

きくち

長い文章は読んでくれないよね
僕が短い「『水からの伝言』を教育現場に持ち込んではいけないと考えるわけ」を書いたのは、その場で読んでもらえる程度にまとめたかったから
by きくち (2007-04-03 10:45) 

pooh

> きくちさん

読んでくれないよねぇ。
「読みやすくて、正確で、手短な文章」をつくるというのは永遠の命題みたいな部分があって。

でも結局、最優先なのは「伝わること」で。どっかの誰かみたいにアドホックに意味づけできる「オレ定義」で楽しく論じていて、伝わらないと「この程度のことさえ分からない阿呆なのか」みたいなのは最悪なわけで。責任は伝える側にあるわけだから。
by pooh (2007-04-03 12:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

関連記事ほか

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます