So-net無料ブログ作成

最初に買った「ガムランのCD」 [ガムラン]

幻想と瞑想のガムラン

幻想と瞑想のガムラン

  • アーティスト: 民族音楽, クランビタン村のテクテカン仲間
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 1990/03/21
  • メディア: CD


と云う訳で最初に買ったのはティルタ・サリの「幻視と瞑想のガムラン」ってタイトルのCDだった。スネークマンショーで聴いてから10年以上経ってたのかな。なんかamazonにちゃんと在庫がないようで、画像が表示できないかも(なんか楽団名もおかしいみたい)。JVC World Soundシリーズで、最近少し値段を下げて再販されてるほうには選ばれてないみたい。

もう10年も前に買って聴いたときには、なんだか意外と分かりやすくておとなしいな、みたいに感じた。今聴くと、それでも結構な(ゴン・クビャールっぽい)激しさを感じたりする。

思うに、とても端正で、その分ちょっと色気に欠ける演奏で、そこが若い頃のおいらにとってあんまりクるものがなかった、ってことなんだろう。
今聴くと相当印象が違う。グルーヴ感はあまりないけど、音は艶っぽいし、なんか折り目正しい色気を感じたりする。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

関連記事ほか

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。